事業計画・予算

平成29年度

社会福祉法人 山北町社会福祉協議会 事業計画

(本年度の指針)

 少子・高齢社会の一層の進展や人口減少並びに核家族化等に伴い、高齢者の一人暮らしや高齢者世帯が増加しており、
家庭内の見守りや介護機能の低下など生活課題が深刻化しています。
 このような状況の中、地域福祉の推進役である社会福祉協議会には、ますます大きな役割と期待が寄せられていること
から、身近な地域で誰もが集まれる交流や仲間づくりの場としての小地域サロン活動事業を推進するとともに、基本理念
である「みんなの手で誰もが安心して暮らせる福祉のまちづくり」を目指し、関係機関や関係団体等の皆様と連携を図り
柔軟かつ迅速な支援に努めてまいります。
 また、今年度は第4次地域福祉活動計画の4年目を迎え、計画期間も残り2年となることから、第5次計画の策定の準
備を進めるため、策定委員会の設置に向けた取り組みをしてまいります。
 なお、これまでは、町が策定した「地域福祉計画」に基づき、「地域福祉活動計画」を策定していましたが、町の計画と
は車の両輪の関係にあることから、第5次計画は町と協働で策定してまいります。
 組織体制については、社会福祉法人制度改革などを柱にする「社会福祉法等の一部を改正する法律」の施行に基づき、神
奈川県に申請した定款の変更が、平成29年2月22日付で認可され、4月1日から施行することとなりましたので、この
新定款に基づき、組織の強化を図ってまいります。
 

基本理念 

  みんなの手で誰もが安心して暮らせる福祉のまちづくり

 

基本目標

 T.地域で自立生活できる支援づくり

 

U.共に支え合う社会づくり     

     

  

V.組織・事務局 体制の整備       

    

  

事業概要 (※印は、新規事業)

T.地域で自立生活できる支援づくり

 

 (1)総合相談システムの充実

   @専門分野の相談事業継続実施

   (@)心配ごと相談

   (A)日常生活自立支援事業

   (B)介護相談(地域包括支援センター)

    

   
 (2)地域で生活するためのサービス提供

   @紙おむつ・尿とりパット給付事業の実施

   A移送サービス事業の実施

   B給食サービス事業の実施

   C配食サービス事業の実施

   D理容・美容サービス事業の実施

   E一人暮らし高齢者防火指導事業の実施

   F見守りネットワーク事業の実施

   Gレスパイトサービス事業の支援


 (3)福祉サービス地用支援と質の向上
   @日常生活自立支援事業の適切な実施

   A第三者委員による苦情解決窓口の充実

 

U.共に支え合う社会づくり

 (1)地区社協活動の支援

   @地区社協の活動を支援するため助成金の交付

   A地区社協の活動内容の充実

  
 (2)小地域福祉活動の充実

    @小地域サロン活動助成金の交付

   A福祉講演会等を開催し地域活動実践者育成の検討・実施


 (3)福祉団体の支援

   @福祉団体への適切な助成金交付

   A福祉団体活動の活性化を促す協働事業の検討・実施


 (4)福祉人材の育成と確保
   
   @ボランティアの発掘と登録の推進

   A地域福祉ニーズに対するボランティア育成講座の開催


 (5)ボランティアセンターの充実

   @ボランティアセンターの機能強化

   Aボランティア活動保険の加入促進

   Bボランティア団体活動補助金の適切な交付

   C災害時における救援ボランティアの体制整備
    ※災害救援ボランティア養成講座の開催
    ※災害救援ボランティアグループの組織化

   D災害ボランティアセンター合同訓練の実施


 (6)福祉教育の推進

   @福祉体験学習の実施内容検討と実施

   A地区社協等地域内で福祉を学ぶ場づくり


 


V.組織・事務局体制の整備

 

 (1)組織体制の強化
   
   @理事会、評議員会、各種部会の定期的開催

  ※A評議員選任解任委員会の開催


 
 (2)事務局体制の強化

   @職員の研修会等の定期的開催

   
 (3)自主財源の確保

   @一般会費、賛助会費の積極的な募集

   A寄付金の積極的な啓発

   B収益的事業の開発・検討

   C福祉バザーの開催


 (4)広報・公聴・啓発活動の充実


     @広報紙「社協やまきた」の紙面の充実

   Aホームページの充実と有効活用

   B社会福祉大会の開催(地区福祉協議会活動発表)


 (5)計画推進の管理体制の確立

   @地域福祉活動推進員会において内容検討

   A第4次地域福祉活動計画の見直し検討

  ※B社協の「地域福祉活動計画」と町の「地域福祉計画」の一体計画策定委員会の設置に向けた検討

   


平成29年度

  社会福祉法人 山北町社会福祉協議会 予算


○収入内訳
                                      (単位:千円)
大区分勘定科目 本年度予算額
中区分勘定科目
1.会費収入 4,022
2.寄付金収入 100
3.経常経費補助金収入 24,524
4.受託金収入 26,706
5.貸付事業収入 100
6.事業収入 1,303
7.負担金収入 1,300
8.介護保険事業収入 4,272
9.受取利息配当金収入 40
10.その他の収入 760
11.前期末支払資金残高 13,844
収 入 合 計 76,971

○支出内訳

                                      (単位:千円)
A.経理区分 本年度予算額
B.経理区分
1.法人運営部門 33,551
2.企画・広報事業 2,131
3.ボランティア活動事業 712
4.地域福祉推進事業 4,903
5.相談援護事業 393
6.共同募金配分金事業 252
7.居宅介護支援事業 6,426
8.事務所等管理事業 3,151
9.善意銀行事業 100
10.日常生活自立支援事業 1,150
11.地域包括支援センター事業 24,202
       支 出 合 計 76,971